ロータリーは職業を通して奉仕する団体です

東京荒川ロータリークラブ

例会日: 毎週火曜日 12:30~13:30

例会場:ホテルラングウッド 地図

詳細は「例会予定」をご確認下さい

入会案内・お問い合わせ 荒川区シンボルキャラクターあら坊&あらみぃ

文字の大きさ

ログアウト 会員専用

国際ロータリー会長 挨拶

今期のテーマ

インスピレーションになろう2018-19年度国際ロータリー会長 バリー・ラシン

2018-19年度国際ロータリー会長 バリー・ラシン

113年前の創設以来、ロータリーの役割は、世界において、また会員の人生において、絶えず進化してきました。ロータリーはその初期、会員が親睦と友情を見つけ、地域社会で人びととのつながりを築く方法を提供していました。その後ほどなくして、ロータリーに奉仕が芽生え、組織の成長とともにその影響も膨らんでいきました。間もなく、ロータリー財団の支えもあって、ロータリーの奉仕は世界中の家族や地域社会の人びとの生活を変えていくようになりました。活動の成果を高めるために、他団体とのパートナーシップや奉仕の重点分野を生み出しました。各国政府、国際団体、無数の地元や地域の保健当局と協力して、世界最大の官民協同による保健の取り組み、ポリオ撲滅にも乗り出しました。ますます多くの会員が、友情だけでなく、人助けのために行動する方法を求めてロータリーにやってくるようになりました。

ロータリーは今も、そしてこれからもずっと、ポール・ハリスが思い描いた団体であり続けます。それは、この地球上のあらゆる国の人たちが手を取り合い、自分を超えた素晴らしいことを生み出せる場所です。その一方で、今日のロータリーは、類まれな不朽の価値を提供してくれます。それは、才能、そして世界を変えようという熱意をもつ人たちの世界的なネットワークの一員となれるチャンスです。私たちは、地域社会で行動する力が世界的な影響を生み出し、力を合わせればたいていのことを実現できる能力とリソースを兼ね備えています。

全世界で、ロータリーはかつてないほど重要な存在となっており、より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。残念なことに、ロータリーがどんな団体で、どんな活動をしているのかを十分に理解している人は多くありません。私たちのクラブ内でさえ、多くのロータリアンがロータリーについて十分に知らず、ロータリー会員であることの恩恵を十分に享受していません。

ロータリーの奉仕は、人びとの人生、そして地域社会を変えるものです。真に変化を生み出す奉仕をもっと実現するために、私たちは、ロータリーでの自分の役割、そして世界におけるロータリーの役割を、これまでとは違う角度でとらえる必要があります。公共イメージにもっと重点を置き、ソーシャルメディアを活用して会員基盤を築き、奉仕のスケールアップを助長してくれるパートナー組織に注目してもらう必要があります。より持続可能な影響をもたらす大きなプロジェクトに力を注ぎ、ロータリー年度や任期を超えた活動の研究と計画に時間を費やす必要があります。一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるのです。

ポール・ハリスが述べたように「ロータリーは、世界平和の縮図であり、国々が従うべきモデル」です。私にとって、ロータリーは、単なる「モデル」ではなく、インスピレーションです。ロータリーは、可能性を指し示し、そこに到達する意欲を引き出し、行動を通じて世界の「インスピレーションになる」ための道を拓いてくれるのです。

2018-19年度国際ロータリー会長
バリー・ラシン

荒川ロータリー会長 挨拶

クラブ会長テーマ

出来ることをしましょう!皆でやりましょう!会長 高橋 和雄

会長 高橋 和雄

今年度RI会長のバリー・ラシンのテーマはインスピレーションになろうです。第2580地区松坂順一ガバナーはクラブや地域社会などのあらゆる場において、前向きな変化を生む、良い事を行うひらめきを与え鼓吹しようと解釈しました。地域社会へ輝くひらめきを。組織作りが大事である。クラブを活性化するにはガバナー補佐を増やし、クラブの悩みを聞いてサポートして行きます。入会間のない会員に分区の勉強会をやっていきますと言っていました。

私がロータリークラブに入会させて頂いた決め手は四つのテストであります。
1. 真実かどうか
2. みんなに公平か
3. 好意と友情を深めるかどうか
4. みんなのためになるかどうか

私は農家の出身です。自然との共存の大事さが身につきました。雪解けを待てずに田畑を耕し、台風に遭って収穫が半分以下になったとしても、今しなければならない作業をします。農具を持って手伝いに来てくれる人、食べ物を持って手伝いに来てくれる人。行為と友情のありがたさを子供のころから感じて来ました。

「出来る事をやりましょう、皆でやりましょう」人はそれぞれ置かれている場所が違います。体力がなくても奉仕は出来ます。財力がなくても奉仕は出来ます。その人の出来る事で世の為になれます。

私は第50代東京荒川ロータリークラブ会長に推挙して頂き嬉しくお受けしました。幹事に渡邊昌裕さんにお願いし快く引き受けて下さいましてクラブ運営に新しい考えと若い行動力を期待しています。会員皆さんに委員会活動をお願いし、例会が楽しいクラブでありますように進めて行きたいと思いますのでどうぞご協力をお願い申し上げます。

ロータリーとは

ロータリーとは、ロータリークラブとロータリアンによって構成される組織であり、人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した、事業および専門職に携わる指導者が世界的に結び合った団体です。

ロータリーの誕生とその成長

ロータリーとは

20世紀初頭のシカゴの街は、著しい社会経済の発展の陰で、商業道徳の欠如が目につくようになっていました。ちょうどそのころ、ここに事務所を構えていた青年弁護士ポール・ハリスはこの風潮に堪えかね、友人3人と語らって、お互いに信頼のできる公正な取引をし、仕事上の付き合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたい、という趣旨でロータリークラブという会合を考えました。ロータリーとは集会を各自の事務所持ち回りで順番に開くことから名付けられたものです。こうして1905年2月23日にシカゴロータリークラブが誕生しました。それからは、志を同じくするクラブが、つぎつぎ各地に生まれて、国境を超え、今では200以上の国と地域に広がり、クラブ数35,247、会員総数1,235,100人(2016年3月31日RI公式発表)に達しています。そして、これら世界中のクラブの連合体を国際ロータリーと称します。このように、歴史的に見ても、ロータリーとは職業倫理を重んずる実業人、専門職業人の集まりなのです。その組織が地球の隅々にまで拡大するにつれて、ロータリーは世界に眼を開いて、幅広い奉仕活動を求められるようになり、現在は多方面にわたって多大の貢献をしています。

日本のロータリー

日本のロータリー

わが国最初のロータリークラブは、1920(大正9)年10月20日に創立された東京ロータリークラブで、翌1921年4月1日に、世界で855番目のクラブとして、国際ロータリーに加盟が承認されました。 日本でのロータリークラブ設立については、ポール・ハリスの片腕としてロータリーの組織をつくり、海外拡大に情熱的に取り組んだ初代事務総長チェスリー・ペリーと、創立の準備に奔走した米山梅吉、福島喜三次などの先達の功を忘れることができません。
その後、日本のロータリーは、第2次世界大戦の波に洗われて、1940年に国際ロータリーから脱退します。戦後1949年3月になって、再び復帰加盟しますが、この時、復帰に尽力してくれたのが国際ロータリーの第3代事務総長ジョージ・ミーンズでした。
その後の日本におけるロータリーの拡大発展は目覚ましいものがあります。ロータリー財団への貢献も抜群で、今や国際ロータリーにおける日本の地位は不動のものになりました。現在、日本全体でのクラブ数は2,269、会員数89,141人(2016年4月末現在)となっています。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理想を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

【第1】
知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
【第2】
職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会として ロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
【第3】
ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理想を実践すること。
【第4】
奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

四つのテスト

言行はこれに照らしてから
Of the things we think, say or do
1. 真実かどうか
1) Is it the TRUTH?
2. みんなに公平か
2) Is it FAIR to all concerned?
3. 好意と友情を深めるか
3) Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?
4. みんなのためになるかどうか
4) Will it be BENEFICIAL to all concerned?

クラブ概要

創立 1969年 7月 8日
R.I.加盟 1969年 8月29日
スポンサークラブ 東京王子ロータリークラブ
地域 東京都荒川区の区域
例会日 毎週火曜日 12:30~13:30
例会場 ホテル ラングウッド
(日暮里駅から徒歩1分)
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-50-5
Google Map
Tel:(3803) 1234
http://www.hotellungwood.com/
事務所 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里1-18-3
Tel:(3806) 2833
Fax:(3803) 2834
E-mail:arakawar@sepia.ocn.ne.jp
取引金融機関 城北信用金庫本店営業部
会員数 47名(うち名誉会員1名)
(2018年7月1日現在)

リンク

東京荒川ロータリークラブバナー

東京荒川ロータリークラブバナー

東京荒川ロータリークラブのバナーは、今から500余年前当荒川区に 鷹狩りに訪れた太田道灌と、一農家の娘との間に語り伝えられている昔話を図案化したものです。

上へ

荒川区シンボルキャラクター あら坊