ロータリーは職業を通して奉仕する団体です

東京荒川ロータリークラブ

例会日: 毎週火曜日 12:30~13:30

例会場:ホテルラングウッド 地図

詳細は「例会予定」をご確認下さい

入会案内・お問い合わせ 荒川区シンボルキャラクターあら坊&あらみぃ

文字の大きさ

ログアウト 会員専用

国際ロータリー会長 挨拶

今期のテーマ

ロータリー:変化をもたらす2017-18年度国際ロータリー会長 イアン H.S. ライズリー

2017-18年度国際ロータリー会長 イアン H.S. ライズリー

数年前、知り合った人からある質問をされました:「ロータリーとは何ですか?」シンプルであるはずのこの質問に答えようと口を開きかけたところで、思わず止まってしまいました。どこから説明してよいか分からなかったのです。ロータリーとは何かを、私が知らなかったわけではありません。問題は、ロータリーがあまりに大きく、複雑すぎて、簡単に説明できないことでした。ロータリーとは、会員制の団体、クラブを基盤とした団体、奉仕を行う団体であり、町ごと、地域ごと、そして全世界で活動する団体です。その会員は、地域社会のメンバー、事業人、職業人であり、現役で仕事をする人もいれば、定年退職した人もいます。そして、世界のほぼすべての国で活動しています。120万人の会員一人ひとりが、独自の目標と優先を掲げ、一味違った経験をしています。一人ひとりが、ロータリーを独自の解釈で理解しているのです。

私にとってロータリーとは、「どのような団体か」ではなく、「何をしているか」で定義されます。すなわち、ロータリーが私たちに与えてくれる可能性、そして、その可能性を有意義かつ持続可能な奉仕によって実現する方法によって、定義されるのです。ロータリーには、112年の豊かな歴史があります。この間にロータリーは、徐々に成長し、成熟し、会員と地域社会の変わりゆくニーズに対応しながら、ある意味で大きく変わりました。しかし、その根底にあるものは同じです。それは、地域社会と世界に変化を生みだしたいという願い、そして、ロータリーを通じてそれを実現できるようになった人が集まった組織だということです。「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは行動をもって答えます。奉仕を通じて変化をもたらすことによって。

組織として、私たちは、ロータリーとは何か、何をするのかを世界に理解してもらうことが、いかに重要であるかを認識しています。同時に、各クラブがロータリー奉仕を独自に定義することが、かつてないほど重要であると自覚しています。ロータリアンである私たちは、これまでよりも柔軟に、クラブの例会、活動、発展の方法を決定でき、また、もっと多くの女性や多様な会員を迎え入れて、地域社会の特色をクラブに映し出すことに力を注いでいます。長期の計画、持続可能な奉仕、全レベルでのリーダーシップの継続性を重視することで、ロータリーが世界有数のボランティア組織であり続けるよう努力しています。

2017-18年度、「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは「ロータリー:変化をもたらす」というテーマで答えます。それぞれどのような方法で奉仕することを選んだとしても、その理由は、奉仕を通じて人びとの人生に変化をもたらせると信じているからです。新しい遊び場や学校をつくる、医療や衛生設備を改善する、紛争仲裁者や助産師を研修するなど、私たちはその活動が、人数が多かろうが少なかろうが、誰かの人生をより良くしているのだと知っています。ロータリー入会のきっかけが何であれ、私たちがロータリーにとどまり続けるのは、ロータリーで充実感を得ることができるからです。この充実感は、毎週、毎年、「 変化をもたらす」ロータリーの一員であることから湧き出てくるものなのです。

2017-18年度国際ロータリー会長
イアン H.S. ライズリー

荒川ロータリー会長 挨拶

クラブ会長テーマ

例会を大切にしよう会長 岸 義之

会長 岸 義之

このたび歴史と伝統ある東京荒川ロータリークラブの会長にご推挙頂き、身の引き締まる思いをいたしております。まだまだ未熟ですが、会員の皆様のご指導ご協力をいただき重責を果たしてまいりたいと存じます。微力ではございますが、杉山幹事と協力して、数多くの先輩方が築きあげてきたより良きものを引き継ぎ、さらに発展するよう努力いたします。

2017—18年度国際ロータリーイアンH.S.ライズリー会長は、「ロータリー:変化をもたらす」をテーマにされました。ロータリーの奉仕活動により、地域社会、国そして世界に変化をもたらすことができるとの思いです。
また、2017—18年度第2580地区の吉田雅俊ガバナーは、キーワードとして、「感動と調和」、行動指針として「研修と実践」を掲げ、五大奉仕、米山奨学そしてロータリー財団活動を行うことを推奨されております。ロータリーの活動が感動を伴い、そして社会と調和のとれたものであることを求めておられます。

本年度は、テーマとして、「例会を大切にしよう」と致しました。
私は、ロータリークラブに入会して、多くの方々と知り合うことができました。また、例会で興味深い卓話を聞くことや、奉仕活動への参加により、自分の世界が広がりました。ロータリークラブには、人生の豊かさを広げる力があると思います。
ロータリー活動の基本は、例会への出席です。ロータリーの例会は、人生修養道場といわれております。例会への出席により、親睦を深め、そこから奉仕の理想が生まれます。
会員の皆様には、例会での時間を充実したクラブライフにしていだきたいと思います。また、例会で会員相互の親睦を深め、お互いに学び、そして奉仕活動を実践していただければと思います。

会員の皆様にとって充実した一年間を過ごして頂ければ幸いです。
最後に本年度の理事・役員、各委員会の委員長そして会員の皆様のご指導、ご協力をお願い申し上げます。

ロータリーとは

ロータリーとは、ロータリークラブとロータリアンによって構成される組織であり、人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した、事業および専門職に携わる指導者が世界的に結び合った団体です。

ロータリーの誕生とその成長

ロータリーとは

20世紀初頭のシカゴの街は、著しい社会経済の発展の陰で、商業道徳の欠如が目につくようになっていました。ちょうどそのころ、ここに事務所を構えていた青年弁護士ポール・ハリスはこの風潮に堪えかね、友人3人と語らって、お互いに信頼のできる公正な取引をし、仕事上の付き合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたい、という趣旨でロータリークラブという会合を考えました。ロータリーとは集会を各自の事務所持ち回りで順番に開くことから名付けられたものです。こうして1905年2月23日にシカゴロータリークラブが誕生しました。それからは、志を同じくするクラブが、つぎつぎ各地に生まれて、国境を超え、今では200以上の国と地域に広がり、クラブ数35,247、会員総数1,235,100人(2016年3月31日RI公式発表)に達しています。そして、これら世界中のクラブの連合体を国際ロータリーと称します。このように、歴史的に見ても、ロータリーとは職業倫理を重んずる実業人、専門職業人の集まりなのです。その組織が地球の隅々にまで拡大するにつれて、ロータリーは世界に眼を開いて、幅広い奉仕活動を求められるようになり、現在は多方面にわたって多大の貢献をしています。

日本のロータリー

日本のロータリー

わが国最初のロータリークラブは、1920(大正9)年10月20日に創立された東京ロータリークラブで、翌1921年4月1日に、世界で855番目のクラブとして、国際ロータリーに加盟が承認されました。 日本でのロータリークラブ設立については、ポール・ハリスの片腕としてロータリーの組織をつくり、海外拡大に情熱的に取り組んだ初代事務総長チェスリー・ペリーと、創立の準備に奔走した米山梅吉、福島喜三次などの先達の功を忘れることができません。
その後、日本のロータリーは、第2次世界大戦の波に洗われて、1940年に国際ロータリーから脱退します。戦後1949年3月になって、再び復帰加盟しますが、この時、復帰に尽力してくれたのが国際ロータリーの第3代事務総長ジョージ・ミーンズでした。
その後の日本におけるロータリーの拡大発展は目覚ましいものがあります。ロータリー財団への貢献も抜群で、今や国際ロータリーにおける日本の地位は不動のものになりました。現在、日本全体でのクラブ数は2,269、会員数89,141人(2016年4月末現在)となっています。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理想を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

【第1】
知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
【第2】
職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会として ロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
【第3】
ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理想を実践すること。
【第4】
奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

四つのテスト

言行はこれに照らしてから
Of the things we think, say or do
1. 真実かどうか
1) Is it the TRUTH?
2. みんなに公平か
2) Is it FAIR to all concerned?
3. 好意と友情を深めるか
3) Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?
4. みんなのためになるかどうか
4) Will it be BENEFICIAL to all concerned?

クラブ概要

創立 1969年 7月 8日
R.I.加盟 1969年 8月29日
スポンサークラブ 東京王子ロータリークラブ
地域 東京都荒川区の区域
例会日 毎週火曜日 12:30~13:30
例会場 ホテル ラングウッド
(日暮里駅から徒歩1分)
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-50-5
Google Map
Tel:(3803) 1234
http://www.hotellungwood.com/
事務所 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里1-18-3
Tel:(3806) 2833
Fax:(3803) 2834
E-mail:arakawar@sepia.ocn.ne.jp
取引金融機関 城北信用金庫本店営業部
会員数 45名 (2017年7月1日現在)

リンク

東京荒川ロータリークラブバナー

東京荒川ロータリークラブバナー

東京荒川ロータリークラブのバナーは、今から500余年前当荒川区に 鷹狩りに訪れた太田道灌と、一農家の娘との間に語り伝えられている昔話を図案化したものです。

上へ

荒川区シンボルキャラクター あら坊